佐賀県武雄市に住む、ごく普通の市民です。武雄での生活を甘口・辛口で思うがままに綴っていきます。ぜひご賞味あれ。


by youhonaha

がばい・べらい・ばらい

武雄に来て11年。

職場の同僚は、もちろんだが殆どが武雄または周辺地区出身。

そして最初は施設に就職したことから、武雄に昔から住むじいちゃん・ばあちゃんと接する毎日。

こういう同じような状況にある人が直面すること。


言葉・・・・。


もちろん殆どはOKなのですが、単語でわからなかったことがいくつか。


例えば・・・

 「くぅ~わるっばい!」 最初に聞いた時はわかりませんでした。

 「きびしゃの痛か!」 これは2回ぐらいしか聞いたことありませんが、どこなのかホントにわかりませんでした。

 「ツトコブラの痛か!」 これは想像できました。

 「や~らしかっ」 いやらしかと間違えました(^^;


でも、こういうわからなかったことでコミュニケーションを図ったり。

最近は、私も少しこちらの言葉が出てくるようになってきてるかなと思いました。



そして今日のタイトル「がばい・べらい・ばらい」

これは私が武雄に来たばかりの頃、友達である同僚が教えてくれたこと。


がばいは、もう全国的に有名!

「とても」という風に使われていますが、友達が教えてくれたのは、


「がばい・べらい・ばらい」の三段活用!!


例えば・・・

「べらい凄か!」は、「がばい凄か!」よりも凄いことで・・・・

さらに「ばらい凄か!」は、「べらい凄か!」よりも凄いこと!!



つまり、「がばい→べらい→ばらい」と、言葉を使い分けることで凄さのレベルが違うと!!


ん~・・・・深いっ!!


b0130261_246344.jpg



まだまだ使いきれていない私ですが、とても印象に残っている友達のアドバイスでした。



ちなみに、「・・・・なたぁ~」という言葉、大好きですね! なごみます。



下にも記事を書いています ↓
[PR]
by youhonaha | 2009-08-15 00:11 | 武雄のあれこれ