佐賀県武雄市に住む、ごく普通の市民です。武雄での生活を甘口・辛口で思うがままに綴っていきます。ぜひご賞味あれ。


by youhonaha

武雄 ふるさとの歴史散歩 からの あれこれ!

武雄の歴史研究会


そのメンバーさんとお話しをする機会が度々あります。


何でもそうですが、武雄の何かをしようとする時、やはり武雄のこと、歴史のこと、古くからのこと・もの、これらを絡めること・・・・それが武雄らしい、武雄オリジナルになるのかと思っています。


大町町の「たろめん」。


このブログでもたろめんのことを書きましたが、3度ほど食べに行ってます。


これも大町の昔によるところであり、完全なる大町だから、大町オリジナルのものであり、他とは異なるもので、この取り組みを私は非常に良い取り組みだと思っていて、その想いもあって「たろめん」好きになりました。もちろん美味しい。



そんな感じで、「武雄だから」というもので絡めて何かをすることが「武雄オリジナル」として他の所と違うものとして注目を集め、発展するのではと。



もちろん、「そのまま」ではなく、その歴史と絡めながらも一工夫することが戦略的には必要とも。


b0130261_1293857.jpg




冒頭も述べました、武雄歴史研究会さん。


お話しをしていて、歴史をまとめた本「新・ふるさとの歴史散歩 武雄」の存在を聞いていました。



興味津々であった所で、先日長女が武雄のことを調べて学校に提出するということで一緒に図書館に行き、この本を借りてきました。



うん、なかなか面白い!



そのものの名前は知っていても、中身まで知っていなかったということも多い私。


色んな事を知ることが出来、面白いです。




ちなみに、武雄温泉の神功皇后伝説。


「昔々神功皇后が朝鮮出兵からおかえりになって、後の応神天皇をお産みになって静養なさっていた時、ある夜神童が夢の中にあらわれて「これから西南の方へ三日ほど行った所に三つの峰の山があります。その山の北の麓に温泉の湧き出る岩間があり、このお湯は霊泉でこれに入浴なさるとご快癒なさるでしょう」と告げ、皇后が早速その通り進み御船山、温泉を発見された」というもの。



お~~、神功皇后のこと、春まつりのことは聞いていたが、こういう伝説であったとは…と私。


ということは、武雄温泉は産後の方にはもってこいの温泉では!とも思った私。




そんな風に思いながら色んなページを見ると「山王社」のことも。


これは、滋賀県の日吉大社にたいする信仰との絡みがあり、その日吉の神の使いは猿であるとされ、安産、子育て、縁結びなどに霊験があると言われていると。また社殿の前面には狛犬でなく猿の像が三対奉献されていると。



お~~、安産、子育て・・・縁結びも。



先ほどの産後のことと、安産、子育て・・・・さらには「お結び課」と縁結び・・・・。




勝手にあれこれ考えてしまいましたが、こうやって古きを知っていくことで、新しいことにつなげられる・・・。




全国の産後の皆さん、ぜひ神功皇后も産後の静養に訪れたという「武雄温泉」へお越しくださって見てはどうでしょうか!!


ちなみにお土産屋さんには、産後にいい食べ物(飴など)を販売したりして。



さらには、産後のヨガ・・・なんちゃって。



縁結び・・・お結び・・・・安産・・・・産後・・・・子育て・・・・と(^^)/




このラインはどうでしょう!



また本を読みながら色々考えてみたいと思います!!




では!!





全ては武雄の発展の為に!!





b0130261_150401.jpg

[PR]
by youhonaha | 2011-03-05 00:20 | 武雄のあれこれ