佐賀県武雄市に住む、ごく普通の市民です。武雄での生活を甘口・辛口で思うがままに綴っていきます。ぜひご賞味あれ。


by youhonaha

住むということ

これまで色んなことを書いてきました。


観光やまちについてが多いかも。


「子ども達が将来外へ出てもいずれは武雄へ帰ってきたいと思ってもらえるようなまちへ」


そう思う。


仕事柄色んな先輩方と話をしますが「仕事場が・・・」と雇用のことで子どもさんのUターンのことについてなど。


もちろん、雇用の場の確保。大事なことで、それにより企業としても、働く人、住む人が増えるようになれば、市への収入にもつながる。


そういったことからもまちの、武雄市の元気へ。



そういった雇用の場はもちろんですが、それと別に住む人を増やす。


定住促進もあります。


それともちろん絡みもするのですが、武雄に住む人を増やす。そうなればもちろん住民税としての武雄の税収増加にも。


武雄市内だけでの雇用だけではなく、近隣の企業に対してのベッドタウンとしても。


労働世代、つまり子どもも小さかったり、家族としての世帯の武雄市での生活。


例えば、佐世保など近隣に住む人に、武雄市で家を建てることのメリットや子育て環境についてのこと、日常として近場にある温泉のことなど、武雄で住む、子育てをするということの魅力を近隣地や、そこの企業などにアピールし、武雄市に住み、そこからの通勤を提案する。


こういった、武雄市内での雇用の場の確保と同時に、こういった点での住む人を増やす為のアピールなども思った所です。


もちろん市内での雇用でも、ベッドタウンとしての生活でも、どちらでも同じなのですが、「住むということ」を柱に考えた時に、道路の整備や保育園のことなど、様々住みたくなるための魅力を高めることを・・・とつながってきます。


考えることは、山のようにあると思いますが、まずこういったことを思った私でした(#^^#)
[PR]
by youhonaha | 2013-12-01 00:06 | 武雄のあれこれ