佐賀県武雄市に住む、ごく普通の市民です。武雄での生活を甘口・辛口で思うがままに綴っていきます。ぜひご賞味あれ。


by youhonaha

一区一神輿(いちくいちみこし)

一区一神輿(いちくいちみこし)

これは例えの表現です。


公民館まつりのことや区などでの交流、外に出るといったことなど書きました。


武雄が元気になるには、より小さい単位、町であったり、区であったり、そういったより小さい単位が元気になることが、武雄全体の元気の底上げにもつながると思います。


その小さい単位の元気の方法として、区としての取り組みをもつ。


それが、例えば、一つの区に一つの神輿。

春祭りなどで、長崎のおくんちのように、今年はどこの区が神輿を出す、来年はどこがと。

それぞれの区で、それぞれの特色のあるもの。

これは神輿でなくても、踊り町のような所があっても。


浮立を現在もしている区はそれらの区で年で当番を回すとか。


あくまでも案なのですが、言いたいことの根底は、より小さい単位の地域で定期で取り組めることがあれば、それに向かっての準備や練習などで人が集まり交流が図れる、そしてそれが、そういう時以外でもプラスになることがある。そういう思いからです。


武雄町もまちづくり推進協議会があり、そこに春祭り実行委員会もあります。26年度は春祭りについての見直しもされるようなので、そこで色んな議論がされると思います。


町の伝統を守り、地域みんなで取り組む。


そして、精神的にも身体的にも社会的にも良好な状態をつくり、元気なまちを(#^.^#)
[PR]
by youhonaha | 2014-01-08 01:29