佐賀県武雄市に住む、ごく普通の市民です。武雄での生活を甘口・辛口で思うがままに綴っていきます。ぜひご賞味あれ。


by youhonaha

<   2008年 05月 ( 32 )   > この月の画像一覧

前へ

ここ二日間は、実家に行ったりして帰ってからはバタンキューでした。


「前へ」

私が好きな言葉です。

明治大学ラグビー部の監督を長く行われた「北島忠治監督」のスローガンとなっていた言葉です。

重量フォワードがゴールへ向かって突進していく、強い明治のラグビー。

高校時代ラグビー部のキャプテンをしていた私も、この言葉・ラグビーが好きで、フォワードの強化を行っていました。

ラグビーを離れた後、仕事の面において課題・難題が生じた場合でも、この「前へ」という言葉が頭に浮かびます。

もちろん、明治大学ラグビーにおいてもフォワードだけが突進するのではなく、裏へボールをけられた場合でも、突進力のあるバックス、元木やウイングの吉田など、強力な存在があり、チームとして前へ進む一体感がありました。

同じように、仕事の面で「前へ」と思っても、一人だけでは突進できないこともあり、バックスの存在、一体となって前へ突進することができる存在が必要であり、サポートを求めていくようにしています。

「前へ」

これは私にとって、前向きになる、否定的にならない、困難を解決する、理想を現実にする為の自己暗示でもあります。


現実を客観視することも大事です。しかし何かを成し遂げようと言うときには、この「前へ」という言葉、気持ちを今後も常に持ちたいと思います。


武雄市も、「前へ」という気持ちで、フォワード・バックス・コーチ・監督・サポーターが一体となった展開が出来るようになれば、もっとよりよい武雄、強い武雄になっていくと思います。
[PR]
by youhonaha | 2008-05-31 14:37 | わたくしごと
「たけおにぎり」

たけ・おにぎり

たけお・にぎり

今回のアイデアです。

もう、お判りだと思います。

武雄オリジナルの「おにぎり・にぎり」です!

武雄には、色んな食材があります。

たとえば、おにぎりの材料全てを武雄産というのではなく、材料の種類の半分以上は「武雄産」という風に規定。

そうすることで、色んなバリエーションの武雄オリジナル「たけおにぎり」ができます!

以前、レモングラスに関して「レモングラスあります」というのぼりや看板をあちこちで見るようになれば、それだけでも興味が引かれる、と書きました。

ほぼ同じです。

「おにぎり」は普通の食堂にもあるし、居酒屋にもあるし、うどん屋さんにもあるし、色んなところにあります。

ということは広げやすいです。

広げやすいと言うことは、色んなところで「たけおにぎりあります」という文字を見れるようになります。

b0130261_2331668.gif


「たけおにぎりって何だろう?」と興味が湧きます。

これが色んな店舗で作られるようになると、各店オリジナルの「たけおにぎり」が出来てきます。

そうなると、「たけおにぎり食べ歩き」「たけおにぎり特集」なんて感じで活動が発展し、それによっても宣伝・来客・活性化につながると思います。

「あそこの店のたけおにぎりは、○○が入っていて、なかなかうまかったバイ!」

「おっ、そいぎ、今度そこの店に行ってみゅーで!」

なんて会話が聞かれるようになるかもしれません。

もちろん、「たけお・にぎり」という風に書いたように、難しいかもしれませんが、「武雄オリジナルのお寿司」なんてのも出来ればと思います。

あ~、考えるだけでも楽しいぃ~(^^)

なんて楽天的なんでしょう。

ぜひ、ぜひ飲食店の集まりがあるときなどは、このことを提案なさってみてください。

このことは、個人が行うよりも、皆さんで話し合って、一緒に行ったほうが効果が出やすいと思います。

もちろん、店舗だけでな、「うちのばあちゃんが作るたけおにぎり」なんてのも雑誌等で募集するのも面白いです。

簡単に言っていますが、難しい面もあるかと思います。

しかし、そこは料理人さん・おばあちゃん達の経験と知恵で、色んな「たけおにぎり」がきっと生まれてくると思います。

そうなれば、店にも町、そして農業にも活気が生まれてくる。そんな気がします。

すいません、前向きで・・・(^^;

ぜひ、ご検討をよろしくお願い致しますとともに、これを見られた方は知り合いのお店に話を持っていってみてください。
[PR]
by youhonaha | 2008-05-28 22:38 | 勝手なアイデア

スポーツ省・・・

アイデアの前に、今日の新聞を読んでいて「ん?」と思ったことがあったのでひとつ。

「スポーツ省(庁)新設を提言」

「オリンピックでの勝利ほど、日本国民であることに誇りを感じられる機会はない」との思いもあっての提言。

・・・わかります。確かに「日本代表」というものには燃えます。

「文部科学省、厚生労働省の両省に分かれているスポーツ行政を一元的に担うスポーツ省」

・・・わかります。まとまったほうが、何でもスムーズに行きやすいと思います。

「スポーツ関係予算を現在の約二百億円から文化予算と同水準の一千億円規模に拡充することを求めている。」

・・・、・・・、・・・。

確かに、スポーツ分野の強化としての主旨もわかり、体制の強化という点もわかり、それを行う為の予算というのもわかります(?)が、

が、が・・・

他方では、「社会保障費の抑制」というのも言われています(最近は、これ以上の抑制は無理だという声が多いようですが)。


スポーツ省も意味があってのことで、国・国民に対して有効なものであると言う想いからの提案だと思います。否定しません。

二百億円から一千億円に拡充を求めるということが出ていると言うことは、予算獲得が可能とみているからのことかと思います。

ここです!

「スポーツ省としての予算拡充」「社会保障費の抑制」

この部分は私など一般国民からしたら「矛盾」のように思えてしまいます。

提言されている方々は、考えがあってのことだと思いますが、ここを「どう伝えるか」が一番重要なことであり、そのことが今言われている「政治不信」を招かないことだと思います。

あくまでも、スポーツ省というものに反対しているわけではなく、全体として見て「ん?」と思われやすいものは、先手を打って説明を行うことが、国民が政治に目を向ける姿勢につながるのではないでしょうか。


たまには、こんなことも書いてみました。


では、次にアイデアへと移ります。
[PR]
by youhonaha | 2008-05-28 22:34 | 世間一般

雨・雨・雨…

今日は雨がひどい!
九州南部は梅雨入りしたようです。

この雨、川は大丈夫でしょうか…。

総合庁舎の交差点(リンガーハットと佐賀銀行の間の横断歩道付近)は水溜まりがひどいです。

車はゆっくり通らないと高波のように水があがります。

注意です。

また夜アップします。
[PR]
by youhonaha | 2008-05-28 19:43 | 武雄のあれこれ

バタン・キュー

昨日は職場での講義を終え、帰って晩ご飯を食べたら、そのままバタン・キュー(-.-)zzZ
テレビもつけっぱなしのまま、朝5時まで居間で寝ていました。


またアイデアがひとつ浮かんでいるので、今日の夜にでもアップします!

ではでは。
[PR]
by youhonaha | 2008-05-28 13:00 | わたくしごと

感謝

ブログを初めて2ヶ月になろうとしています。

今まで勝手なことを書いてきました。

今までの私の記事のキーワードをいくつかあげます。

「アピール」「農業」「民間活力」「情報収集」「アイデア」、そして「武雄人(たけおんちゅ)」

詳細は過去の記事を参考にしてください。

しばらくはブログを書いていても、なんだか独り言みたいだなっと思っていました。

それで良いのかもしれませんが。

しかし、最近は少しずつですが、このブログをはじめたことで、新たな交流が生まれていることが実感できます。

ブログを書かなければ生まれなかった交流・発展しなかった交流。

私は他県出身であるので、武雄には知り合いが少なく、職場関係に殆ど限られている状態でした。

ブログを始めて良かった、武雄に来てよかったと思う今日この頃です。

この交流を今後も大事にしたいと思うのと同時に、生まれたばかりの交流が今後発展できるようにしていきたいと思っています。

たわいもないブログですが、読んでいただいている方に感謝。これからもお付き合いよろしくお願いいたします。


では、明日は会社の同じ部署の職員への講義。資料の仕上げにかかります。
[PR]
by youhonaha | 2008-05-26 23:21 | わたくしごと
武雄温泉通りに位置する、まちなか案内所『がばい』さんが書かれている、ブログ まちなか『がばい』日記 。

武雄でのイベントのことや、日常のこと、そして色んな情報を案内所・ブログを通して発信されています。

その記事の中で、私的にヒットしたのが
 「恋愛成就の木 武雄の大楠」
                     です。

樹齢3000年の武雄の大楠のシルエットが、男女が顔を見あわせているように見えると。


学生の間などでは、よくこのようなことが話題になり、それに伴うことを実行するケースが多いです。

例えば、美輪明宏さんの画像を携帯の待ちうけにすると「運が開ける」ということで、若い学生などでそれが流行っているなんてことも話題になっていましたよね。

この「恋愛成就の木 武雄の大楠」 ん~、若い世代にはすごくうける言葉です。

まちなか「がばい」さんのブログで、この記事を見てから、何かアイデアが浮かばないかしばらく考えていました。

お見合いの締めくくりはここへ案内するってのもいいでしょうし、ここで「ねるとん」見たいな告白を行うってのもいいかもしれませんし・・・。ただ荒らされてはいけませんけどね。

実際、学生達は、この様な情報をいっぱい持っているんじゃないかなって思いました。

学生に対し情報収集をし、恋愛成就に関する色んな武雄ネタを集めて、武雄の大楠だけでなく、それら(情報)をつなげて「武雄の恋愛成就コース」なんてのを設定するのも良いかもしれませんね。


まちなか「がばい」さん、今後も色んな情報の発信に期待しています!
[PR]
by youhonaha | 2008-05-25 23:57 | 武雄のあれこれ
「武雄人(たけおんちゅ)Tシャツ」 以前にも書きましたように、地元の業者さんと今日直接話をしデザインを作成していきました。

北方にある 「VAK(ヴァック) visual arts k」さん。

幼稚園のミニ運動会を終え、急に電話したにもかかわらず、親切にご対応していただきました。

私も、まとまった案を持っていってなく、漠然としたイメージだけでしたので、その場で社長さんとあれこれ意見交換。

しかし、社長さんのデザイン力・感性には脱帽でした。「うぉ~、すごい」と何回言ったことか。

b0130261_16151130.jpg


会社の方のブログ「よっ!タカちゃんのVAKな日常」もあります。

いくつか、良いデザインができてきています。

となりのKさんにも見ていただきましたが、これをもって近所の方々などで色んな活動が出来ればと思っています。


VAKさん、ありがとうございました。引き続きよろしくお願いいたします。

完成したら、またアップします。
[PR]
by youhonaha | 2008-05-24 16:05 | 勝手なアイデア

ただいまミニ運動会中

b0130261_10534920.jpg

なんとか雨もあがり、幼稚園のミニ運動会が今あっています。

リレーなどもあり、天候に感謝!

可愛いばかりです!


帰り道、川端通りや中央公園等で、高校生がたくさんスケッチをされていました。

b0130261_16231587.jpg


話を聞くと、県下一斉のスケッチ大会だそうです。


いいですね、こういうのも。どこかに展示していただければと思いました。
[PR]
by youhonaha | 2008-05-24 10:53 | わたくしごと

情報収集

今日のYahoo!のニュースに 「ネットカフェ難民の実態調査を大阪が実施」とありました。

以前私も、この「ネットカフェ難民」についての私見を述べ、その中で私もアンケートの実施もいいのではと書きました。

現在私の職場でもアンケートをとっています。

新しい取り組みを行って、その実態は利用者にとってどうなのか。

場合によっては、新しい取り組みを行う為の事前調査(市場調査)として行うこともあります。

意見を求めるだけのアンケートだけではなく、数字としての分析なども。

昨日書いた「少子化」に関する妻との話しでも、「今の親世代・世間の風潮がどうなのかを見極めないとわからないところがある」と書きました。


やはり、何かを行うときは、人が相手となるので、その対象となる人達がどう考えているのか、どう行動しているのかは情報として入れておかないと、見誤ることが出てきかねないと思います。

「農業」についても同様です。後継者不足の背景にはどのようなことがあるのか。

主観でなく、客観的分析がどの場面でも必要です。

ただ、客観的な部分だけを取り入れてしまうと、何かを始めようとする際の「信念」が薄れてしまうこともありうるので、情報として、また参考資料として客観的情報を取り入れ、その資料と自分の「信念」とを照らし合わせて、よりベストな方法を探っていくことが適切なことかと考えています。

武雄市の政策についても、様々な分野での情報収集が必要であり、なされていると思いますが、以前市の職員さんとお話したときに、「アンケートを実施しても回収率が低い」との意見を聞きました。

では、「どのようにして回収率を高めるか」というところも考えなければなりません。

ひとつの方法としては、人が集まるところでの実施。つまり、アンケートを書いたら郵送してくださいとかではなく、アンケートを書いてもらう場所(対象となる方が集まる場所)に居合わせて実施していくというのが良いのではと思います。

例えば、「子育て」に関することで言えば、医師会などで「乳幼児健診」などがあります。この場は乳幼児がいる家庭は必ずと言っていいほど来場されることから、対象となる方々でも幅広くアンケートを求めることが出来るのではないでしょうか。

サークルなどの集まりもありますが、(否定は全くしていないのですが)そのような活動に参加する人、しない人ははっきりしていると思います。そこでのアンケートとなると、対象の方の幅が狭くなる可能性もあり、それよりは先程述べた「乳幼児健診」など必ず全ての方が参加するような場所でアンケートを行ったほうが、幅広い意見を求めることが出来ると思います。


「どのような情報を得たいか」・「その情報を幅広く得るためにはどのような場所がより適しているか」と考え、アンケート・調査を行うことがいいのでは。

ある意味、武雄市役所の中に「情報分析室」なる課を設置してみるのはどうでしょう。

各部署から「情報を集めたい」と依頼されたことについて、その情報分析室のスタッフが、情報収集の内容・方法を考え、実施し、分析まで行い、依頼元である部署へフィードバックする、と言った感じで。


実態がどうなのか、このことを知ることが、何においても行動・検討を行う初期の段階で必要なことだと思っています。

すいません、またまた勝手なことを書いて長くなりました・・・040.gif
[PR]
by youhonaha | 2008-05-22 23:59 | 世間一般