佐賀県武雄市に住む、ごく普通の市民です。武雄での生活を甘口・辛口で思うがままに綴っていきます。ぜひご賞味あれ。


by youhonaha

<   2008年 10月 ( 39 )   > この月の画像一覧

何のスウィーツを取り組みにもってくるか。

一番考えるところです。

武雄の鳴瀬には、昔アメを作っているところが多かった。今もある煙突はその工場の跡という話も聞きました。

ん~、アメか・・・・。


一口まんじゅう・・・美味暮まんじゅう・・・・「まんじゅう」・・・・

色んなバリエーションはできそう・・・・。


私は子供の頃、どんなものを食べていたかな・・・。

簡単なのはホットケーキだったかな・・・・。

これも色んなバリエーションが出来そう・・・・。


今日はこんな感じで試行錯誤中というところです。
[PR]
by youhonaha | 2008-10-31 23:57 | 勝手なアイデア
「試み」というテーマから始め、武雄スウィーツということについて書き始め5回目になります。

今回は、ちょっとこれまでの考えの要点をまとめます。

この試みについて思ったきっかけは、杖立温泉旅行にあります。

「杖立プリン」と題し、杖立温泉の旅館や喫茶店など多くのお店で、それぞれのお店オリジナルのプリンを頂ける。

統一感を感じたこと、杖立に行く楽しみがもてたこと、リピーターとして行くきっかけになること。

これらが、今回の「試み」を思ったきっかけです。

過去4回の記事、そして「杖立温泉旅行で思ったこと」をあわせ、今(漠然とですが)、考えている内容としては、

①武雄市全体で統一した取り組みを行う。

②食を通じた取り組みを考える。

③主食を食べた後でも別腹として入り、気軽に手が出せるものとして「スウィーツ」をテーマに考える。

④幅広い味が楽しめるよう、食材を統一するのではなく、例えばプリンなど、土台を統一し、それに色々各お店オリジナルで味を作ってもらう。

⑤武雄の新たな特産品として、武雄を知ってもらうためのツールとして売り出している「レモングラス」を飲み物や、付け出しとして必ず(または任意)セットに出してもらうようにする。

⑥取り組みを開始する前は、旅館やタクシー会社、旅行会社などの方に、それぞれの商品を試食してもらい、アピールが広がるようにする。

⑦各お店の商品については、一括管理を行い、Web上、紙面上で情報を提供できるようにする。

⑧追加で開発された商品については、各お店が一括管理を行う機関へ報告を行い、報告を受けた機関は、⑥で試食を行った各業種へ連絡し、それら業種は自ら(任意)お店へ行ってもらい食してもらう(購入という形)。


このように考えています。

だいぶ、イメージは出来てきましたが、もちろんまだ私の考えによるところが多いので、このブログ上や、直接的意見交換により、実行に向けた建設的話し合いが出来ればと思っています。

そこで、「何をスウィーツのテーマにするか」ということを考えていかなければなりません。

武雄に関係があるもので行ったほうが、一番素直に話しがもっていきやすいとは思っています。
(もちろん、この武雄に関係があるものにこだわらないという考え方も出来ます。)

そう考えると、昔からの武雄のお菓子について調べる必要があります。

本などで調べるのもいいですが、年配の方に直接聞くことができればとも思っています。

老人会や婦人会などで「子供の頃良く食べたお菓子」についてのアンケートをどこかで取れればいいですが。


何をテーマにするかが一番悩むところですので、よろしければ、この記事を見て頂いている皆さんも、この「子供の頃良く食べたお菓子」についてアンケートについてコメントを頂ければ助かります。
[PR]
by youhonaha | 2008-10-30 23:54 | 勝手なアイデア
同じ日の記事なので、その4の続きとしました。

その4で述べた情報展開・アピール。

これを「武雄スウィーツへの試み」にあわせて考えてみます。

展開するもの(スウィーツ)が決まったと仮定します。

それをどう啓蒙し、情報提供をどのように行うか。

思いついたことです↓

それぞれの店舗での商品は市または観光協会などが情報を一括管理する。

新たな商品が開発されれば、そこへ情報提供を行う。また中断する場合も同様。

集まった情報はWeb上での一元化した紹介、そしてペーパーなどを作成し、まちなか案内所がばいさんや、各旅館、そして観光客が関連してくるタクシー会社、バス、鉄道、旅行会社、お土産やさん、そして商品開発をしたそれぞれの店舗へ配布し、お客さんへ渡してもらえるようにする。

また、ペーパーを受け取った会社は、お客さんと直接会話をすることが多いことから、質問を受けるということが予想されるので、商品そのものについて、より知ってもらっていたほうが良い。

そこで、武雄スウィーツの取り組みを始めて全体として統一して行う前に、それら関連会社の方達を相手に試食会を行う。

そのことで、より商品について知ってもらい、感情を込めた情報提供を観光客の方にしてもらえるようにする。

新たな商品が開発されたら、情報を一元管理している機関が、それぞれの会社(ペーパーを受け取ったところ)に情報を流し、情報を受け取った会社側は、自らで確認をしてもらう。

このようなことが出発段階及び継続する中であったほうが良いかなと思います。


まずは商品の選定ですが、このようなことも視野に入れてみました。

下の記事は、今日この記事の前に書いたもの(その4)です。
[PR]
by youhonaha | 2008-10-29 23:36 | 勝手なアイデア
数日継続して記事にしています、武雄での統一した取り組み ~食を通じて~。

色んな意見があると思います。

やはりここで思うのは、色んなアイデアを持つ方々での直接的意見交換の必要性です。

そうした方が進展が早いと思います。

ただ、どれだけの方がこの記事をみているかわからない、アクセス数はある程度ありますが、それではなんとも言えない部分もあり、また関心をもたれた方がどれだけいるかわからない部分があります。

でも、私は模索しながらも、自分なりのひとつの案がまとまるまで記事にしたいと思います。


そこで、前回の記事に対するコメントで「Fujin」さんから、レモングラス商品についての問い合わせがありました。

私なりに把握できている部分、ちょっと調べた部分を回答いたしました。

そこで思ったことがあります。恐らくFujinさんも思われたことだと考えます。

「レモングラスの情報がまとまっていない」

ニュースとしてのレモングラスの話題や、色んなブログでのその時々の話題としての記事、取り扱っている店舗のホームページでの紹介はあります。

でも・で~も!!

それらレモングラス商品についてまとめて掲載しているものがない。

現地に来れば、関係者からの情報が得られるのかもしれませんが、来訪される方は、武雄に来る前に知りたいところであると同時に、そのまとまった情報があるほうが興味をより引きやすいと思います。

もしからしたらあるのかもしれませんが、あったとしても、それが簡単に見つけ出せないということは有効でないということになります。

武雄全体での統一した取り組み ~食を通じて~として記事を書いていますが、同じように、今ある特産品として売り出している「レモングラス」について、今あるもの・アピールしているものであるが、情報が得にくいという思いが、今回のFujinさんのコメントを受けて感じました。

この点については市・観光協会などにご検討していただきたいと思います。

案としては、武雄市ホームページのトップに「レモングラス」のバナーを貼り、そのページでは各取り扱い店舗と商品の画像、店長からの紹介コメント、そして全体の地図があればと思います。


本題としての、ここ数日の武雄スウィーツとしての記事。

ん~、よくよく考えますが、多くの皆さんのご意見を伺いたいのと、上述した直接的意見交換会が開かれればと思います。

まだ、しばらくこの記事は続けたいと思います。


話しは変わりまして、今日は子供全員が小学校・幼稚園に行っていたので、数年振りに妻と2人でランチ。その後は山内町の流鏑馬を見に行きました。

b0130261_22244929.jpg

b0130261_22252044.jpg

b0130261_22254194.jpg

b0130261_2225595.jpg


駐車場というか、車をどこに止めるかに苦労しましたが、武雄での流鏑馬と変わらず、多くの方が見に来られていました。

感想としては、なんだか和やかな雰囲気を感じました。

そして馬が走る道が少し固いのか、馬が走るときの「パカラッ、パカラッ」という馬蹄の音が凄く良かった。

武雄で見ても、山内で見ても、生はいい!!かっこいい!!

私は終始憧れのまなざしでした。


残念ながら子供の迎えがありましたので、途中で帰りましたが、帰り際に↓を発見!

b0130261_22313532.jpg


一目見て「買う!!」と決めました。ご利益ありそうです。

b0130261_22325145.jpg


良い天気で、伝統的な流鏑馬も見れ、いい一日でした。
[PR]
by youhonaha | 2008-10-29 22:34 | 勝手なアイデア

試み・・・まだまだ続く

一昨日から書いています「試み」

武雄全体での統一した取り組み ~食を通じて~

コメントでもFujinさんやおもてなし向上委員会さんなどが、具体的にアイデアを提示してくれています。

このようにコメント・意見を頂くことが考える幅を広げさせてくれるので助かります。


今回のコメント及び、これまでの私の記事(過去分含む)などを振り返り考えます。


「レモングラス」について、これまで「アピール」「レモングラスおもてなし協力企業・団体」「レモングラス 祝 農商工連携88選 選出!!」「特産品の展開」などで考えを述べてきました。

レモングラスだけを武雄の特産品とするという扱いではなく、他県にないものは注目を引きやすい。つまりレモングラスを、その注目を引くひとつのツールとして活用することが、武雄への入口としての役割を果たし、入ったあとはレモングラスを含め、以前からある様々な特産品への関心、楽しみを来場者に体験してもらう。そのことがリピーターや口コミを広げることになる。
また、その入口としてのツールであるレモングラス自体を広く知ってもらうために、のぼりなどの視覚的なものや、地域一体となった取り組みでの全体的な雰囲気・体験としてのアピールが必要と考える。

このようにレモングラスについて思っています。

そして、レモングラスティだけでなく、レモングラスを使ったものを多種作っていくことで、楽しみの幅を広げ、飽きがきにくいようにするということも大事だと思います。私はレモングラスゼリー好きです。


このような考えから、一昨日から書いているものとして、やはりレモングラスを軸にした展開というのは考えます。

しかし、他にも方法がないか、というのも私としては考えたいところ。

レモングラスで!!ということに一気に考えがいけないところとして、レモングラスを全てのスウィーツの主材料とすると、味の幅が限定されてしまう可能性がないか・・・ということを考えます。

レモングラスを否定するのではなく、様々な味を楽しめるということが、スウィーツのバリエーションを広げやすくなり、展開を幅広く持続的にしやすいものになるのではないかという考えです。

ただ、ただ・・・やはりレモングラスは生かすべき!!という想いがあります。

どっちやねん!!と言われそうですが(^^;


そこで例えばですが、スウィーツには飲み物も欲しい。そこでレモングラスティやレモングラスサイダーなどの活用という風に生かすことも出来るかと。

また、飲み物としてでなくとも、スウィーツにつける一品としてレモングラス関連商品を出すと言うこともあります。

もちろんスウィーツそのものにレモングラスを活用するものがあっても全然いいです。


このように考えた場合、スウィーツを提供する店舗が必ずレモングラスを活用してくれるかどうかです。

武雄全体として取り組むものとして提供する場合は、必ずレモングラス関連(飲み物または食べ物)をつけることと基準化するか、任意でありながらも協力を求めるか。どちらかはあったほうがいいかとも思います。

レモングラスを活用することで、武雄オリジナルとしての取り組みの価値を高め、関心を高めることにつながると考えるので、どのように活用することが全体の取り組みを「吉」へと導くか。


上記した方法は、あくまでも案であり、また色々考えていくことで考えに変化が出るかもしれませんが、案を提示することで皆さんからもご意見・考えを頂きたいと思います。


明日(29日水曜日)は山内町の流鏑馬。

たまたま私も休みですので、見に行きたいと思います。
[PR]
by youhonaha | 2008-10-28 23:59 | 勝手なアイデア

昨日の続き・・・です

昨日書いた「試み」の続きです。

その「試み」の意味したところは、一つに「武雄における統一した取り組み(食を通じて)」、そして二つ目に「武雄のネットブロガーでテーマを決めた記事の掲載」でした。

二つ目のものは、以前コメントにも頂いたのですが、それぞれのブログの特色があるので、なかなか難しい面があることは理解しています。


そこで一つ目の「武雄における統一した取り組み(食を通じて)」についての続きです。

様々なことを考えます。

具体的なところから、考え方まで。

で、私が思っている考え方について今回は主に書きたいと思います。

(1) 対象となる食品について

  ① 食品を特定する・・例えば杖立温泉のプリンなど。

  ② 食品を特定しない・・武雄にある優れたもの(一店逸品的)をアピールする。

(2) (1)の①「食品を特定」した場合の選定

  ① 伝統・歴史を参考にする・・長崎街道シュガーロード参照など(これは市長が今度シンポジウムをされるので、できれば聞いてみたい)。

  ② ポピュラーなものから選定・・幅広い年齢層、そして男女受けするもの。例えばプリン、ケーキ、クッキー、パフェ、和菓子など。

  ③ 武雄のイメージに絡めたもの・・楼門としての異空間から、現代的でないもの。例えばですが、よく楼門→竜宮城・千と千尋などのイメージなどで考えられるもの。自然豊かということから、自然食的なスウィーツなど。

(3) (1)の②「食品を特定しない」場合の選定 

  ① (1)の②で書いたように、各店舗の一押し食品をピックアップ(大町で行われていました←ケーブルテレビ参考)。

  ② 武雄の食材の中からピックアップし、その食材をもとに食品(スウィーツ)をそれぞれの店舗が考案→例えばレモングラス、黒米、大豆など


と、このように考え方として、様々な方法があるなと思いました。


もちろん、どれかの方法を決めたら、それについては武雄全体で統一して取り組むこと(協力店)が不可欠だと思います。また、もっていき方が決まれば、対象となるものの選定が行いやすくなります。

統一して取り組むことによって、単体でない、より大きなアピールになると考えます。

そしてアピールもしやすいし、杖立プリンのマップや商品交換などのアピールの工夫がしやすい。


みなさんは、どのように考えますか。
[PR]
by youhonaha | 2008-10-27 23:42 | 勝手なアイデア

試み

兵庫県三木市のさるとるさん。

ブログの中で「スウィートストリート」というテーマで記事を書かれています。

三木市内の一角で10以上ケーキ屋さんが建ちならぶ通りがあると。

それを「スウィートストリート」とし、全部のケーキ屋さんのケーキが食べれるような取り組みを模索されています。


先日旅行で行った、杖立温泉。

私も「杖立温泉旅行で思ったこと」というテーマで記事を書きました。

周辺が一体となって、統一された取り組みを行うこと。

それぞれは既存であるが、それをまとめることで「1を10にしてしまう」。そういう風に出来ていくのではないかと思います。


武雄では「北方町のいきいき商店街!!」で、色んな紹介がしてあります。

ブログのカテゴリーの中に「進め!シュガーロード」というのがあり、それを見ていくと「ケーキや和菓子、あんぱんなども」武雄の色んなお店の商品が画像つきで紹介があり非常にわかりやすいですし、とても行動的で尊敬します。

もちろん「北方ちゃんぽん街道」のカテゴリーもあり、複数のお店の紹介がしてあります。


これだけのお店が武雄にもあるのですから、ぜひ武雄も「杖立プリン」や「三木市のスウィートストリート」的に話しが出てこないかなと思っています。

そして勝手な思いですが、もしそのような話し合いがあるときは「北方町いきいき商店街!!」のブロガーの方に話し合いの中に入ってもらえたらと思います。


そこで提案です。

このブログ・記事を見ていただいた武雄のブロガーのみなさん、ぜひこの「杖立プリンのような、武雄で統一した取り組み」について、それぞれのブログで一度見解を記事にして頂きたいと思います。

「考え中・・・」の記事を参考にしていただけたらと思います。

各ブログも一度統一したテーマを持ってみる。

以前「ネットアピール」ということで記事を書きましたが、それに類似するものであり、実現したものです。


武雄のブログ内でこのテーマが記事となるかどうかは、全く未知数ですが、勝手ながら期待したいと思ってます。

武雄の発展を考える勝手で、前向きなアイデアを出し合い、少しでも現実に近づけるものが生まれればと思います。

もちろんコメントもよろしくお願いします。
[PR]
by youhonaha | 2008-10-26 23:58 | 勝手なアイデア

武雄人倶楽部打ち上げ2

今日は武雄人倶楽部の打ち上げ。

みんな綱引き大会のことを振り返っていました。

でもいざ歌いだすと、あとはそのまま盛り上がった流れで一気に最後まで。

大人も子供も楽しんでいました。

帰って気がつくと私の声はガラガラ・・・。

話しの中で新たに武雄人倶楽部に入りたいという方がいるという情報も。

嬉しい限りです。

今日も話しをしていましたが、ただ単にイベントに出て満足するだけで終わるのではなく、自分達が協力できる体制にもっていくこと、そしてその姿を子供達が見て、武雄に愛着をもってもらうことが、一番の望みと考えています。


それにしても、改めて、この倶楽部を立ち上げてよかったと実感。

みんなご近所さんではあるものの、単なる「ご近所さん」というレベルではなく、「いい仲間」という感じがしています。


小さなところからですが、元気ある武雄、自分達・そして子供達にとっても前向きで明るい武雄が作っていけるよう、出来る限りのことをやっていきたいと思います。


では、おやすみなさい。

武雄人倶楽部のみなさん、今日はお疲れ様でした。

本当に、みなさんと共に行動をとることができてよかったと思っています。
[PR]
by youhonaha | 2008-10-26 00:26 | 武雄人倶楽部

武雄人倶楽部打ち上げ

b0130261_19281021.jpg

盛り上がってます!
[PR]
by youhonaha | 2008-10-25 19:28 | 武雄人倶楽部

お酒

今日は仕事関係の地区の懇親会。

ビールで乾杯。半分あけると、すぐにつがれる。

で、コップで飲んでいたのが、いつの間にか誰かの親切でジョッキに変わっている。

しかも、残り1/3ほどになると、またまたいつの間にか新しいジョッキが。

このパターンは毎回。

最近は焼酎を飲むことが増えてきていますが、結局今日はビールに始まり、ビールに終わりました。

ちなみに焼酎を飲むときは、「芋のお湯」です。夏場でも「お湯」です。

そんなこんなで帰りにアイスを買おうとスーパーに寄ったら、全然知らない人が「武雄人Tシャツ」を着ていました。

感激(T T) 


明日は「武雄人倶楽部」での先日の綱引きの打ち上げ。

男達だけでなく、女性・子供を含め、みんなで行います。

あ~、カラオケ何歌おう~(^^;
[PR]
by youhonaha | 2008-10-24 23:55 | わたくしごと