佐賀県武雄市に住む、ごく普通の市民です。武雄での生活を甘口・辛口で思うがままに綴っていきます。ぜひご賞味あれ。


by youhonaha

<   2009年 09月 ( 26 )   > この月の画像一覧

武雄商工会議所青年部さんによる新たな動き!!


「TAKEO ゆめぎんがフリーマーケット」


その名の通り・・・・


つまり「ゆめぎんが」は・・・・宇宙科学館 ということ


で、その宇宙科学館の第2駐車場開催されるフリーマーケット・・・・



!!

「TAKEO ゆめぎんがフリーマーケット」!!


開催は、毎月第2日曜日AM9:30からPM4:00


只今、出店者を募集されています!!


詳しくは・・・

 「毎月第2日曜日は武雄でフリマ!」のブログへ!!

yu_isamuさんも紹介されています。


出店者の参加費は500円(車両利用の場合は1000円)


うまくいけば、すぐ取り返せます!!



出店するもよし!!掘り出し物を見つけに行くのも良し!!雰囲気を楽しみに行くのも良し!!



先日も書いたように、多くの来場者が訪れる宇宙科学館。


そのすぐ傍での定期的イベント!!


ぜひ、レンタサイクルも活用してみてください!!



保養村活性につながるイベント!


多くの出店者で賑わってほしいですね!!





期待しています!!






と、こちらも忘れてはいけない!!


 第3回 くうかい テーマは家庭で出来るレモングラス料理参加者募集中です!!
[PR]
by youhonaha | 2009-09-30 00:18 | 武雄のあれこれ
書こう、書こうと思いながら今日になってしまいました。


私にとって、日本にとって嬉しい出来事。


そう・・・・


「2019年 ラグビーW杯が日本での開催決定!」


サッカーのW杯、オリンピックと並ぶと言われる世界三大スポーツイベントである「ラグビーW杯」


凄いことですよ!!



武雄のラガーマンと言えば、山村 亮選手!!


現在、ヤマハ発動機ジュビロの選手


「ちょっとひとり言」さんのブログでも、よく出てきます。



そして今年3月には白岩で学童オリンピック ミニ・ラグビー大会も開催されました。


武雄ジュニアラグビースクールについての記事(2008年4月)はこちら!



2019年のラグビーW杯開催なので・・・・・え~と・・・10年後!!


この武雄ジュニアラグビースクールの子供達が・・・・10年後・・・・日本で開催のW杯に出場するかもっ です!!!


だって、佐賀は佐賀工業という全国でもトップクラスのチームがあるし、可能性もありあり!!



私も元ラガーマン!!といっても、佐賀工業ではありません(^^;


高校時代からはじめ(ちなみにキャプテンでした)、専門学校時代での地区のクラブチーム、そして地元に帰ってからのクラブチームでのプレー。

テレビでは早明戦が毎年楽しみでした。



今でも時々、ラグビーやりたいなぁ~と思いますが・・・・・まず走れないでしょう(ToT)



そんな、こんなのラグビーW杯。


もっと、もっと盛り上がればいいなぁと思います。



10年後・・・・私の長男は10歳か・・・・・ん~W杯は無理か(^^;



ラグビーは生で観戦するのがおススメです!!体と体がぶつかり合う音、迫力を味わえます!!







「第3回 くうかい」参加者まだまだ募集中です!!
[PR]
by youhonaha | 2009-09-29 00:30 | 世間一般
風竿さんのブログに度々書かれています「がん撲滅運動」

先日は、武雄市としての「がん撲滅推進市民大会実行委員会」も開催されたということで、すでに動かれています。


私もこれまで何度か書いたように、母や同僚を癌でなくし、現在は父も闘っています。

癌患者の家族としての経験もしてきました。



やはり、ブログでも言われているように、実際にがん撲滅に向けてどう取り組んでいくかが重要。


もちろん医療のことになるので、医師会の方々から話を伺ったり、連携していくことは必須。


そこで、私なりに「どう取り組んでいくか」を考えてみましたので書いてみたいと思います(書き順は優先順位ではありません)。


① 「がんを知る、知らせる」:がんという病気そのものや、経過など(もちろん写真付きで)の紹介。予防や早期発見・早期治療の重要性の啓蒙など。対象は現在も取り組まれている学生を対象としたものや、婦人会、老人会、各区、企業や団体など。テレビや映画などでも、癌患者さんや家族のドラマが度々あり、皆さん関心はあるはずですから、もうひとつ、より知ってもらう、知らせるということを行うのは重要。武雄市の統計でも、悪性新生物(がん)での死亡が毎年一番多いことがうかがえます。

② 「調査」:武雄市でのがん検診受診状況の調査。どの年齢、性別、地区、仕事状況、検診種別での受診率など。対策を講じる時には、現状がどうかを知ることが必要なので、そのデータとして。

③ 「アンケート」:無差別にアンケートをとり、受診についての意見を聴取する。受診の有無に限らない。受診してない方は、その理由についてなどをしる。これも②と同様で、受診についての現状(特に受診されてない方)を知るためのデータとして。他県のアンケートでは「忙しい」「なんとなく受診しない」「恥ずかしい(乳がん検診)」などの回答もみられています。

④ 「行政、医療関係、企業、地区での活動の実際を知る」:それぞれ、または連携しながら、どのようにがん予防、早期発見などに向けた取り組みをしているか確認し、それを基にし、対策を向上させることがないかを模索する。つまり、これらの連携強化についての取り組みにつなげる。

⑤ 上記データを基に、検診受診率を高める方法を見つけていく。

⑥ 「各公民館や各区長への「がん撲滅運動」に対する武雄市の取り組みの説明を行う」:これらの方々は、地区の多くの方々と接する機会が多いことから、取り組みを知ってもらうことで、地区の各活動で紹介してもらい、受診意欲を高めてもらう。

⑦ 「定期的ながん撲滅運動の市民大会を開催する」:定期的に行うことで、市民の中の意識が薄れていかないようにする。もちろん参加してもらった方がいいが、たとえ参加しなくとも、開催されていることを知るだけでも意識付けにつながる。

⑧ 「費用負担」:受診には、どうしてもお金がかかることから、個人・企業とも、それがネックになる場合がある。そこで、その何割かを市の方でカバーする。財源についての検討も必要。

⑨ 「がん患者へのフォロー」:発症してしまうことは否めない。その場合、いかにして安心して治療を受けてもらえるような状況があるか。医療連携や在宅医療、またホスピスを含め、本人・家族として、さらに行政としての関わり。

⑩ 「武雄市による宣言」:武雄市として「がん撲滅」を宣言することが、取り組みを高めると思う。



もちろん案であり、またこれで全てOKと言うわけでもない。

風竿さんをはじめ、色んな方が具体策を提示されています。


やはり、本気で取り組むために、どう具体的に動くか。


行政、医療関係、住民・・・・バラバラでなく、連携することがなければ達成には近づけないと思います。



専門家から意見を伺うこと。大事ですし、市も引っ張っていくこと、そして住民が理解し参加すること。



一歩を踏み出さなければ、二歩・三歩にはつながっていきません。


勝手な案でしたが、このような考えでした。






「第3回 くうかい」参加者募集中です!
[PR]
by youhonaha | 2009-09-28 00:35 | 武雄のあれこれ

いい天気

b0130261_7594238.jpg

今日は次女・三女が通う、武雄カトリック幼稚園の運動会。

いい天気になりました。

子供達も昨夜から興奮気味(*^_^*)

では、行ってきます!
[PR]
by youhonaha | 2009-09-26 07:59
今日はネット環境もOK!

シルバーウィーク中のニュースでは、高速ETC1000円効果の映像が。

逆に高速ICから遠い所は閑散としていたなどという映像も。


ただほんの一例であり、近くても閑散としてたり、遠くても賑わってたりというのもあったと思います。


しかし、遠出をするきっかけができた今、観光地としては、如何にして情報を発信できるか。


先日の「たけおこども議会」の中で、どこかの学校の質問に対し、市の担当課の答えで「・・・・職員が旅行会社に行って話をしたりしています。」というのがありました。


これがすごく気になりました。


旅行会社さんに対し、どのような点をアピールされているのか・・・。

旅行会社さんの反応は・・・。

その結果をどう反映されているのか。


旅行会社はツアー客や個人客の確保に動かれています。

世間のニーズがどうあるのか。時代を通じて変わらぬニーズ、その時々で変化するニーズ。

それらを敏感に察知されているかと。


それらニーズと武雄の魅力が、どう絡んでいるか。


ニーズに無理やり合わせるのでなく、武雄にあるものとしての魅力、時としてそれらを活かすためにアピールに工夫を加えたり、+アルファのものをセットしたり。


他と同じものを、そのまま行うのではなく、武雄の魅力を合わせながら差別化を図る。


または近隣の人気スポットに武雄をセットにする。


など、旅行会社として観光客のニーズを把握しているプロの声は気になる所。


旅行会社には色んなパンフレットがありますが、武雄はどういう紹介のパンフレットがあるのでしょう。



こども議会を見ていて、「あ~、もうひとつそこを聞いてくれ」と思いましたが、それは・・・(^^;



新幹線開通に向け、通過駅とならないために・・・


でも、今は高速1000円(もしくは無料化?)という時代。


新幹線が通る先の話でなく、今の話となっています。



ニーズを意識しすぎることで、他と似たりよったりになる危険性もありますが、そこを注意しながら参考として伺う。


私にはなんの力も権限もありませんが、武雄の賑わいを願うものとして思ったことでした。




「第3回 くうかい」参加者募集中です!!申し込みはお早めに!!



b0130261_0163751.jpg

おまけ!先日のMUSIC IN TAKEOでのGABBAの映像を見ながら踊っている三女。お気に入りのようです!
[PR]
by youhonaha | 2009-09-25 00:17 | 武雄のあれこれ

あぁ……無念

最悪なことに、記事を書いている途中で、また無線LANの不調。
「観光地として」という感じで、またまた子供議会のことも参考にしながら書いていましたが…(ToT)

おせっかいなのかもしれませんが、こういうことを考えるのが好きというか、考えずにいられないというか……f^_^;

やはり無線LANが今日は復活しないので、明日書きます。

シルバーウィークも終了。

ゴールデン、シルバーときたら、ブロンズウィークなんてのもできるんかな(*^_^*)
[PR]
by youhonaha | 2009-09-24 00:32 | わたくしごと
先日、とある障がいを持った方と話をしていた時のこと。

その方は私とほぼ同年齢。

手足の不自由さがあり、話していると色んな事を教えてくれました。


その色んな生活面での不自由のひとつとして言われたこととして・・・


カメラのこと。


その方は右手が不自由。


「カメラは左手では撮られんごとなっとるもんね~」と。


実際にその方が持たれていたカメラで、私も即実行。


こりゃ~、難しい・・・・・。


ただ、左利きというだけだったら、その際だけ右手を使って撮ればいいですが、機能的に右手の使用が困難な場合は、かなり難しい。


調べてみると、左利き用のカメラや両方にシャッターボタンがあるカメラなどがあるようですが、メジャーではない。


皆さんも一度左手だけで撮影してみてください。


仕事柄、こういった障がいを持つ方や、虚弱な方、一時的にハンディを持った方などと16年接してきました。

また、子供を持つ親として、そういった面での不自由なども実感したり、妻から聞いたり。



武雄市は、基本構想の基本理念が「ユニバーサルデザインのまちづくり」となっています。


ユニバーサルデザイン:年齢、性別、身体的特徴、国籍などの違いに関係なく、はじめからすべての人にとって生活しやすいまちづくり、ものづくり、環境づくりを行っていこうとする考え方。


これまでも、昨年5月に書いた「ユニバーサルデザインUD」や、同じく昨年の6月に書いた「どうでしょ~」(議会での質問シュミレーション)などでも、ユニバーサルデザインとして、バリアフリーとしてという感じで書きました。


私が武雄について思うことにひとつに、やはり新幹線があります。

新幹線の開通にも合わせ、駅の改築、そして駅前通りの再開発などが検討されています。


全ての計画においてそうですが、これら計画の際にユニバーサルデザインのことは当然検討に含まれていると思います。


駅はエレベーターもついていて、車いすの方、ベビーカーを押す方、キャリーを持つ方などが利用しやすいようになっていますが、そこから先。


現状では、駅前の歩道は狭く危険なことから、そういう方は、やはり駅を一歩出ればタクシーを利用するしかないですね(タクシーを利用するのが悪いというわけではありません)。

時々子供を連れて駅前通りの歩道を通りますが、結構車と隣り合わせで、安心して子供ひとりで通らせることが出来るという感じではないです。


こういったことからも、駅前通りの再開発の際は、それら全ての方にとって、安心して通れることが出来る環境にあることが大事。



駅前のことだけでなく、多くの方が通う場所、通ってほしい場所では、この歩道の幅だけでなく、観光客に対しての掲示(見やすいという点も含め)や、車いすやベビーカーなどの車輪がはまり込まないような側溝の蓋、杖や松葉杖などの杖先が滑りにくい路面(けど摩擦が強すぎるとこれも危険)、休憩できるベンチなどの検討も。



幼い子供を数人連れて武雄のあちこちを歩いてみましょう、車いすに乗って武雄のあちこちを周ってみましょう、押してみましょう、障がい者の疑似体験具をつけて武雄のあちこちを周ってみましょう、ベビーカーを押して武雄のあちこちを周ってみましょう、武雄に来たことがない方に指定した目的地まで歩いてもらいましょう・・・。


これまで車いすに乗って周られたことはあったかと思います。

私としては、これを整備計画をする方や地域の方に行ってもらえたらと思います。


小さい子供達・その親が安心して利用できる環境、杖や車いすなどを使っている方を多く見かける環境、押し車を押しながら歩いている高齢者を多く見かける環境・・・・そういったことも活気あるまちづくりとして、とても重要なことかと思います。




「第3回くうかい」参加者募集してます!
[PR]
by youhonaha | 2009-09-23 00:30 | 武雄のあれこれ
ケーブルワンでの、先日行われた「たけおこども議会」の様子を見ていました。


全部は見ていないですが(録画しているので後で全部チェック)、武雄市内の各地域の小中高生が本当の議場で質問しているのを見ていると、それぞれに地域の特徴が出ているなぁ~と。


武内小の巡回バスについてや、山内西小の特産品についてなどなど。


思ったのは、子供達は素直にいいものはいい!と思い、見て、行動しているということ。


それらを率直に質問。


しばりがない子供も達の素直な思いだから、率直に想いを伝え、質問することが出来ている。


これが大事。


聞いている方も見直しにつながることがあったのではと思いました。聴くことが出来る武雄市であってほしいと思います。





そしてタイトルにも挙げている「三世代交流」


武雄中学校の質問に「人口減少と高齢化社会」についてのことがありました。

そこでの市長の答弁の中に「三世代交流」という言葉が。


そこでピンと!!


昨年末、私も「三世代」というタイトルで記事を書きました(クリック)。



その中で・・・

 以前何かの記事で「三世代健診」というのを見ました。

 高齢の方の体力測定などの健診を、地元の小学校で行い、測定するのはその地元の子供達が行う。

 高齢の方にとって、孫に当たる子供達が係りを行うことで、「孫達がすっけん、健診に行かんばね」という動 機付けになり、子供達にとっても地域の高齢者と触れ合う機会になると。



と書きました。


実はこれ、ネット上の記事も見たのですが、介護関係か、リハビリ関係か、健康づくり関係かどの学会だったか忘れましたが、実際に実行された方の研究発表も聞きました。


通常の健診に加え、運動機能検査を加え、それらの測定などに子供達も加わってもらうというもの。


効果として

 高齢者・小中学生それぞれの健康意識の向上が図られる。

 高齢者と触れ合うことで、情緒の安定などの情操教育につながる。非行率の低下につながる。

 高齢者の寝たきり防止につながる。


などが狙われています。


参考記事はこちら

 ・「寝たきり予防のための三世代参加型健診・健康教育モデル事業」

 ・黒潮町「三世代ふれあい健診」について(平成19年、20年の様子の画像もご覧ください)



実はこの、三世代健診は「武雄町コミュニティプラン」にも案として組み入れられています。


もちろん、この健診だけではなく、ネットで色々と調べてみると、沖縄では「三世代ふれあい交通安全の集い」などもあっているように、色んなパターンがあると思います。


風竿さんが動かれている「がん撲滅運動」にも活用できるかも。

武雄にあったもの、実行につながりやすいもの、実行の雰囲気があるものなどを考え、三世代がつながることが出来る展開が図れればと思います。



「こども議会」、これは本当に子供達にとって、武雄UCにとっても、いい経験になったと思います。


ただ、この場に出たということだけでなく、それまでの過程も含め。



保護者や学校の先生なども関わりをもたれたと思いますが、自分のことだけでなく、武雄のことを考える、地域を見つめなおすきっかけとして、いいものであったと思います。


見ていたものとして、この子供達の将来が楽しみだと思えた時間でした。






「第3回くうかい」も募集してます!
[PR]
by youhonaha | 2009-09-22 00:12
今日は朝から永島区の運動会。


佐熊、西谷、鳥越、池の下一班、池の下二班、大谷、一本松、野間、知財、古屋敷(順不同)という、永島区内の各班対抗戦。


b0130261_23524338.jpg

b0130261_2353410.jpg

b0130261_23533640.jpg


私は競技には出ませんでしたが、決勝審判と思わぬ実況中継を・・・。


いや、なかなか審判は難しいぃ~。


いい天気の中行われ、子供達も多く参加していました。


打ち上げは恒例の天神さんで。


運動会についての反省もありましたが、他にも近くにいた方々と市民病院の話や、武雄の競輪事業の話などの話も。



こういうことから区民同士の触れ合うチャンスがあること。


いいですね。





そして・・・・・



昨日書こうと思ったこと。



武雄におけるあれこれ。想い。



先日書いた「芝とバイオエネルギー」などもそう。



考えていたら、書きたいことがあれこれあれこれと。。。。



でも、今日は少々お疲れ。


わけながら、また思ったことを書きます。



では!!
[PR]
by youhonaha | 2009-09-20 23:47 | 武雄のあれこれ
武雄人倶楽部には、たくさんの子供達もいます。


その子供達・・・・スポーツが大好きです。



でも・・・・・


武雄市のフットサル大会には・・・・・


というのも、今年1月にありました「第1回武雄市長杯ファミリーフットサル大会」で、小学生高学年の部がなかったから・・・。



「サッカーしたい!」との子供達の声に、「フットサル大会もあるから、フットサルしようか!」というと、「だって、高学年は出られんもん・・・」と。


何度となく、この声がありました。



ということで、お願いです。


第2回のファミリーフットサル大会では・・・


 ぜひ!小学生高学年の部も!



そういえば、先の議会の答弁で、アネックス跡地のフットサル場計画は来年の1月か2月に完成予定(上田さんのブログ参照)だと。



となれば、第2回のファミリーフットサル大会は開設記念を合わせて、このフットサル場で開催してみては!!


それと・・・・


中田英寿さんも呼べれば(^^;


ねっ、heightsさん
[PR]
by youhonaha | 2009-09-20 00:30 | 武雄人倶楽部