佐賀県武雄市に住む、ごく普通の市民です。武雄での生活を甘口・辛口で思うがままに綴っていきます。ぜひご賞味あれ。


by youhonaha
仕事柄、介護予防教室などで出される資料に深く考えることがあります。


以下は、そういったことで考えされられることでもあり、また、現在色んな方とお話しをさせて頂いている中でも感じていること。



平成22年度 日本での平均寿命と健康寿命の差

男性は健康寿命が平均寿命より、9.13歳短く、健康寿命は70.42歳。

女性は健康寿命が平均寿命より12.68歳短く、73.62歳。

参考ページ http://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/21_2nd/pdf/4_2_1.pdf


健康寿命は『日常生活に制限のない期間の平均』のこと。

この差をどうみるか。


差が大きいほど、医療費や介護に係る期間、また費用を要する期間が多くなるということ。

つまり、差を広げないことが個人々にとっても、また社会保障費という意味でも、自治体や国にとっても望まれること。


健康寿命を延ばせるように、平均寿命との差が広がらないように、いかに疾病予防、または介護予防へ、個人が、または地域が取り組んでいけるか。

それと、これからも進む高齢化の中で、医療、介護が必要になった時に、地域が対応できる体制にあるか。


2015年度の介護保険改定では、要支援に対するヘルパー事業やデイサービス事業の自治体への運営移行も方針としてあがっています。これは、地域によってのサービス格差が広がらないか心配するところ。


これからの日本、そして地方にとって、少子高齢化にどう対応できるか。


これがまちづくりのキーワードかと思います。
[PR]
# by youhonaha | 2014-02-03 03:57

地区への愛着

先日、ある会議で町内の色んな方とお話しをしていました。

そこで出た話しで、非常に課題と思ったこと。

私『地区によっては、町内の子どもクラブのスポーツ大会やその他の行事に、出場したくても子どもの数自体が少ないので参加できないところもある。他地区と合同で参加してもOKとなっていても、それも難しい様子』

こういった話しから、通学合宿なども開催出来ていないところがあったりという話しも。

子どもが地区行事に参加できない。

そうなると、子ども時代の地区での思い出にも影響が。


話し合いの中で出たのは、地区の行事を体験し、地区で思い出を重ね、愛着を持つことが、将来大人になった時の、まちづくりへの参加にもつながってくるのでは。ということ。

区の合併という話しもあると。

子ども達が地域で過ごし、地域で育ち、地域に思い出を残せるようにすること。


長期的に見て、こういったことが真に必要なことと思いました。

なんとか、少しでもこういったことが解決すればと思います。
[PR]
# by youhonaha | 2014-01-29 03:17

花いっぱい

先日行われた寄せ植え講座。20代から、おばあちゃん世代まで幅広く参加者あり賑わいました。

観光地武雄が花いっぱいになるようにと、その声からの講座。


今回は今後の花いっぱい運動につながるよう、講座を通じて様々な動きのきっかけにもつながればというもの。


ヨーロッパなどは花が街中を彩っていると。


花による効果というのも色々。


武雄には観光地として、まだまだ花が街中を彩っているとは言えないとの声も。



まちづくり協議会では、これまでも花いっぱいについての議論もありました。


ただ、そこで出たのは管理の問題。


それにより、花いっぱい運動をどう進めるかが悩みどころ。


とにかく、花いっぱい運動としては動き出したばかり。


これから武雄の街中ぎ多くの花で彩られたら、と動きだしていかれます。
[PR]
# by youhonaha | 2014-01-27 02:41

ある方との会話

昨日も色んな場面で色んな方とお話しをし、色んな事を考えさせられました。

今回はその会話のうちの一つ。

ご婦人『今時は公衆電話がなくてですねぇ』

私『そうですねぇ、昔としたらだいぶ減ったですよねぇ』

ご婦人『うちの子が、こないだ通学で使ってる自転車がこわれて、その通学の道の途中で電話をかけようと思っても、電話がどこにあるか探したみたいでした』

私『なるほど、携帯も持たせないし、子ども達には何かの時は電話があそこにあるからと一度意識して場所を確認しとくことも必要かもですね。どうしてもの時はどう連絡をとればいいか考えさせることも。それにしても、電話ボックスがどこにあるか、すぐにはピンとこないぐらい減ったですねぇ』


と、こういったことを話しました。


便利な世の中になれば、そこで裏も生じる。その生じた裏の場面での支障はないか。


そういったことを思った会話でした。
[PR]
# by youhonaha | 2014-01-23 02:53

子どもの視点

うちには6年生、4年生、2年生の三姉妹と4才の末っ子長男の4人の子どもがいます。

それぞれに個性もあり日々成長(#^.^#)


そして成長に連れ、子ども達の活動範囲や状況、ものの見方、考え方も変わってきている、それぞれの年でそれぞれあるというのを子ども達といて感じます。


学校のこと、これからのこと、遊び含め活動のことなど。


例えばひとつ。


娘が『MRが武雄まで来たらいいのに』と。

先日私も同じようなことをJRとして書きましたが、娘なりの視点。

確かにMRは佐世保のまちなかを巡り佐世保で重要な交通手段。

四ヶ町の真ん中にもとまるし。

五番街や四ヶ町などに気軽に行きたいということかなと思いますが、逆に武雄に来てもらうことでも気軽さというのは大事。

簡単なことではないですが、子どもの視点、考えも、もちろん地域経済につながってくると。


もちろん末っ子の子についても、そこに関わる保育園や幼稚園のことなど。


様々な視点に目をやり、様々な考え方に耳を傾ける。


大事ですね(#^.^#)
[PR]
# by youhonaha | 2014-01-21 03:40