佐賀県武雄市に住む、ごく普通の市民です。武雄での生活を甘口・辛口で思うがままに綴っていきます。ぜひご賞味あれ。


by youhonaha
今日の市長のグログに、武雄のレモングラスが「農商工連携88選」に選ばれたと!!

素晴らしいことです!! 

先日の私の記事に対するコメントの返事を含めてのことを今日は書きたいと思います。
(いもとさん、大阪からさん、コメントありがとうございました)

先日私が出したアイデアは「レモングラスティでのおもてなし協力企業・団体募集」というものでした。

確かに、全ての人にレモングラスが受け入れられるということは難しいと思います。そこも踏まえ、私が出したアイデアは「募集」としてのものであります。勿論レモングラスだけで行えば、それに賛同されない方との取り扱いの違い(企業名の公表)が生じるので、これを皮切りに色んな分野・物で、同様の取り組みができるようになることも必要かもしれません。

同じような考えとして、「マップ作成」というのもあります。

レモングラス取り扱い店舗をマップ形式で表し、観光客や地元の方に、わかりやすく情報を提供し、武雄を広く散策してもらう。
レモングラスだけでなく、他の特記すべきことも含めて良いと思います。

また、既存の特産品のアピールも重要だと私も考えます。

考えが様々ある中、例えば「他の地域にはないものを」注目を集める為の手段として活用し(ただ特産品としての注目ではなく、武雄に注目してもらう為のひとつのツールとして)、それで武雄自身への関心を高め、そのことによりレモングラスだけでなく、様々な既存の特産品への注目も集めやすくするという流れもあるかと思います。

他の地域と同種(品質の差はあるかもしれませんが同じ分野として)のものでアピールを行う場合と、他の地域にないものでアピールを行う場合に、どちらが関心を集めやすいか。

ビジネス的にいっても、その会社だけのオンリーワンの開発を、会社の発展のために試行錯誤されると思います。行政としては、それをさらに広め、そのオンリーワンから、もともとある地域の発展まで広げるというところまで考えるでしょう。おそらく行政の方も、ひとつの物だけで地域全体が活性化するとは思ってられないのではと考えます。

今回の「農商工連携88選」の選出もそうですが、レモングラスは、これまで新聞などでも取り上げられています。

これはある意味ビジネスチャンスです!注目されているうちに、どんどん仕掛けていけば、より人が関心を持ち、集まりやすいでしょう。その時を利用した方が、他の特産品のアピールも行いやすいのではないかと思います。

武雄市のレモングラスに対する取り組み(レモングラス課の名称など)が注目されているようですが、例えば旅行会社などは、それに伴う実際の民間の活動・事業に注目されているかもしれません。


あわせてもうひとつアイデアです。

レモングラスも特産品としてスタートしたばかりです。どのような利用価値があるのか、まだ未知な部分もあると思います。

そこで「関西大学」です!

商品開発の場合、商品の分析も必要でしょう。そうなると分析をしてくれるところも必要です。

企業の参入も勿論ですが、大学などの研究機関での調査も出来ないかと思います。

残念ながら武雄には大学がありません。しかし、現在「関西大学」との連携がとられています。

この連携を活用し、関西大学の教授または研究室・学生さんに、「レモングラスの可能性について研究をお願いする」というのはどうでしょうか。

例えば、こんな成分の科学的データが出た。その結果から言うと、「○○などの加工・料理には適するが、○○では不適だと考える」など。

勿論、研究データだけで良いものが作れるとは思いません。やはり料理人の方々の経験なども重要だと思います。

官業民の連携です。

大学生が研究したことが、武雄での商品開発に実を結んでくるとなると、学生の意欲も高まりますし、場合によっては、それをもとに実際に武雄で何か商品が生まれれば、学生はそれを見に武雄に来たいと思われるかもしれません。

関西なんで「レモングラスたこ焼き」や「レモングラスお好み焼き」なんてのも研究されるかも。

関西大学の学生の皆さん、是非研究をしてみませんか!!
[PR]
# by youhonaha | 2008-04-13 23:59 | 武雄の特産品
「レモングラスを武雄の特産品として、どう広めていくのか」時々考えます。

その中で思うこととして、過去にも書いてきたアピールなどが含まれます。

しかし、ちょっと引っかかっていたのは、これまで書いてきたことは主に旅館やお土産屋さんに対するものであるなぁ、というところです。

やはり特産品だから、地元の方が常日頃愛用するぐらい身近なものであることも必要かと。

観光でこられた方が「家ではレモングラスをどのように使われていますか?」と地元の方に尋ねられたときに、どう応えられるか。それによっても、相手に対する印象の度合いは変わってくるかもしれません。

そこで、まず武雄市内の家庭においてレモングラスを広める為には、やはり興味を持ってもらうことが第一歩だと考えます。

では、どのようにして興味を持ってもらうか。  方法は様々あるでしょう。

例えば、看板やのぼり・テレビやマスコミなどでの取り扱いによる視覚的アピールを増やすことや、イベントなどでレモングラス関連商品を無料で振舞う、またレモングラスを使った料理教室を色んな場所で開催する、などなど。

これらは市が行うというより、市に追随してNPOであったり、青年会議所であったり、婦人会であったりと、色んな民間組織の行動が必要だと思います。


そこでひとつ、今回のアイデアです!

「レモングラスおもてなし協力企業・団体募集!」

(アイデアなので、今募集しているわけではありません040.gif

この中身について、

各仕事場や、老人会や婦人会などの各種団体において、お客さんが見えたときや、会議などの会合があるときは、必ずといっていいほど「お茶」が出されると思います。同じ武雄市内の親しい人たちでの集まりであってもです。

で、この時だされる「お茶をレモングラスティに変える」というものです。

お客さんは、安易に出されたものを断ることはしません。むしろ手をつけないほうが失礼になるので、必ず口にします。

恐らく、嬉野であれば「嬉野茶」以外は出さないのではないでしょうか。やはり、そこにもささやかな地元の特産品のアピールがあります。

こうすることにより、何気なく地元の人にも、他市・他県から見えたお客さんにも「レモングラスを実際に口にしてもらい、興味を持ってもらう」ことが少しでもできるのではないかなと思います。

ただ、これをしてくださいと言うだけでは、なかなか行動に結びつかないと思うので、そこで「市」の出番です。

ホームページや広報などに、「レモングラスおもてなし協力企業・団体募集」をまず呼びかけ、実際に登録された企業・団体については、そのホームページや広報などに、その企業・団体の名前を掲載するというものです。そうすることにより、市民に対する企業名のアピールにもなりますので、何もしないより参加企業・団体の登録・実行への意欲を高めるものにならないでしょうか。

加えて、登録をされた企業や団体には、レモングラスティの作り方を最初に指導することを必ず行います。

今ある習慣の一部を、ちょっとひねることで、レモングラスを市内に広め、特産品としての魅力をさりげなく高めていく。

ん~、どうでしょう。 色んなご意見があるかと思いますが、アイデアのひとつとして思っていただければと思います。

市の職員さん、どうでしょう(^^) なんて。。。


レモングラスは観光客を引き付けるひとつのツールだと思います。そのツールが軌道に乗り、観光客が増えれば、企業も活性化する、それにより街も活性化する、そして人口の抑制にもつながる、結果企業が元気になる。と、特産品が、ただ特産品というだけでなく、武雄に住む自分達にも還元されるものになるのではないかと思います。間接的になると思いますが、うまいことこのツール・チャンスを活用しましょう!!019.gif
[PR]
# by youhonaha | 2008-04-11 00:11 | 武雄の特産品

アピール

今日ふと気付きました。

武雄の物産館に「たけお育ちのレモングラス」と書かれた、大きなたれ幕を発見!

いい~ですね~(^O^)
こういう目に見えるアピールがどんどん出てくればと思います。

増えてくれば、観光で来られた方も「やっぱり武雄と言えばレモングラスなんだ。早くレモングラスに触れてみたい」となるのでは!

そこでひとつ質問!

レモングラス三姉妹のキャラクターがありますが、あれは武雄のレモングラス商品や看板などに活用されているのでしょうか?

東国原知事のキャラクターではないですが、レモングラス関連商品に三姉妹キャラクターが活用できれば、武雄のお土産としての統一感が高まらないでしょうか(宮崎の例ではないですが、一線を引く必要はあるかもしれませんが)。

よろしければ誰か御意見を(^o^)/
[PR]
# by youhonaha | 2008-04-10 00:10 | 武雄の特産品

小児救急電話相談

現在、全国的に救急医療・受け入れ先の問題などが報道されています。
武雄市においても、同様のことが課題として挙がっています。

そんな中、テレビを見ていた時のCMで「お子さんの夜間の病気やケガなどの際、電話にて相談を受けます」というのを見ました。

CMなので一瞬のことでしたが、チラッと頭に残っていました。

それが「小児救急電話相談 #8000」です。

夜間、子供が病気になったりケガをした時、受診した方が良いかどうか迷うことってありますよね。そんな時に、病気やケガに対する対応の方法や受診についての助言をしてくれるとのことです。私の家庭では、まだ利用したことがなく、実際にどのような感じかはわかりませんが、ホームページでの紹介も出ていますので、ご参照ください。

また、「99さがネット」というのもあり、佐賀県内の各医療機関の情報が載っています。

医療に関する様々な報道の中で、「コンビニ受診」というのも問題視されています。

いつでも利用できるコンビニみたいに、緊急に受診しなくても良いようなケースまで夜間救急で受診したりして、それが積み重なることで医療機関側に大きな負担を強いてしまっている現実があると。

医療の問題の場合に、地域住民も医療機関の利用についての意識をもつことも必要といわれています。全部がそうとは言いませんが、実際にそのようなところもあると思うし、実例を新聞や報道で見ることもあります。

小さな子供を持つ親は、やはり子供の病気やケガには不安になりやすいです。特に夜間などはかかりつけの病院も閉まっているということもあり、余計に「この夜中に急変したらどうしよう」と不安になってしまいます。

そこで、先程紹介した「小児救急電話相談」を利用してみるというのは第一歩かもしれません。

家の電話からでも、携帯からでも「#8000」でつながるようです。

もちろん、全てこれで解決するわけではないと思うので、子供のことで気になることがあれば、早めにかかりつけ医に相談するって言うことも必要ですね。そうしないと今度は「#8000」がパンクしかねないですね。

ただ、思うのはどれだけの方が、このことを知っているかですね。実際に相談件数などはどうなんでしょう?

例えは、このパンフレットや、子供が急病のときの親としての行動についての(各医療機関にあわせた)案内などを、各小児科が準備し、新規で小児科を利用された方には必ずそれを手渡し説明を行うとかされるのはどうでしょうか。

されているのかもわかりませんが、もしこれを医療機関の方がみられていたら検討されてみてください。


最後に余談です。

昨年だったと思いますが、私の子供が夜中に高熱を出し、ある医療機関へ電話で相談をし、受診することになりました。妻もその時体調が悪かったので、私が連れて行くことに。

病院へつき看護師さんからの問診をまず受けました。

看護師さん:「このお子さんの平熱はどれぐらいですか?」

私:「ん~、わからん・・・・」

看護師さん:「今何かお薬を飲まれていますか?」

私:「あっ、確かなにか飲んでいた」

看護師さん:「何のお薬ですか?」

私:「・・・ん~、わからん・・・・・」

最悪です。いつもそばにいながら何もわかっていませんでした。。。

男ってこんなもんなのでしょうか?私だけでしょうか?

いずれにしても、ダメダメだ~~っと、ブルーに。

こんなんじゃ、妻にえらそうなことは言えません。妻は偉い!!

世のパパ方!!子供さんの平熱ご存知ですか?
[PR]
# by youhonaha | 2008-04-08 22:53 | 世間一般

武雄温泉春まつり

今日武雄温泉春まつりが開催されました。

当初心配していた天気ですが、「暑いっ!!」とみんなが口々に言うほどの良い天気!!

b0130261_2265049.jpg


我が娘も参加した稚児行列も無事に終了することが出来ました。

新一年生のみの参加ということで、娘にとっても一生に一度しかない機会であり、とても喜んでいました。

b0130261_2294792.jpg



楼門前で行われた太鼓なども、多くの方が囲んでみており、全体的に活気ある良い雰囲気だったと思います。

帰り道は、露店巡り。子供たちと一緒になって、私たち親も楽しむことが出来ましたが、ついついあれこれ買っちゃいました。 イカ焼きに焼きとうもろこしに、綿菓子に、金魚すくいまで。


やっぱり祭りって良いですね!!

実行委員のみなさん大変お疲れ様でした。

b0130261_22162097.jpg

[PR]
# by youhonaha | 2008-04-06 22:17 | 武雄のあれこれ