佐賀県武雄市に住む、ごく普通の市民です。武雄での生活を甘口・辛口で思うがままに綴っていきます。ぜひご賞味あれ。


by youhonaha

写真展

昨年は「TAIZO+TAKEO」展が開催され、多くの写真が応募されていました。

武雄市内に限らず、県内・県外からの応募もあったようです。

ということは、その時期には「TAIZO+TAKEO」展に応募する為、普段より多くの方が武雄にお越しになったのではないでしょうか。

これに関連して、ふとしたことでアイデアが思いつきました。いつもの勝手なアイデアです。

武雄には「御船山」「楼門」「大楠」というシンボルがあります。

この「武雄のシンボルの写真展」!

しかし、これだけでは普通の写真展になるので、写真をとりたいという方の意欲を高めることが必要と思い、意欲が高まる内容であれば、応募者が増えやすいわけで、つまり武雄への来客者が増えることにつながります。

また、シンボルを撮るということは、武雄を観光されることにもつながり、観光される方が増えれば、口コミやネットなどでの情報発信にもつながります。

で、その意欲を高める取り組みとして

「最優秀賞は武雄市ホームページのタイトルバックに半年間使います」ということを行ってみると言うのを考えました。

ついで優秀賞は観光協会のホームページに使う。

市長賞は市長の名刺に使う(半年をメドに枚数を調整)。

職員賞は職員の名刺に使う(これも枚数を調整)。

もちろん「御船山」「楼門」「大楠」だけでなく、武雄の恒例となっている「楼門朝市」なども撮影対象とし、優秀賞は「楼門朝市のブログのタイトルバックに使う」などなど。


1年間で2回程度、このような取り組みを行えう事で、来客者を高めることにつなげる。

写真を撮る方は、撮った写真を自分で見るのもいいもんですが、人に見てもらうというのもうれしいものです。

自分の写真が「市」という大物に堂々と使われる、多くの人に見られるものとなる。

写真愛好家は全国に多いので、方法次第では全国からの来客者を招くことにつながります。

この取り組みはたぶん全国でもないのではないのでしょうか。

どうでしょう?市の職員さん。

これはアイデアなので、全国初の取り組みとするなら早い取り組みが良いですよ。

もちろん、上記した名刺に使うなどのアイデアは、あくまでもアイデアなので、主旨に準じていれば、これにこだわらず色んな取り組みが出来ると思います。


追伸:いつもこんなことを考えているわけではありません。仕事中はちゃんと仕事のことを頑張っています。ふとした時に思いついたことを、ブログで記事にしているときに膨らませ、具体化させて書いていますので、詰めるところが出てきますが、勝手なアイデアとしてお読みいただければと思います。

でも、武雄の観光を、武雄をどうにか盛り上げたいという思いはいつも持っています。

みなさん、コメントよろしくお願いします。
[PR]
by youhonaha | 2008-06-02 23:02 | 勝手なアイデア